食を支え,くらしを守る。獣医学・農学・畜産学を融合した学び

広大な十勝平野の中心部にキャンパスを構える帯広畜産大学。我が国唯一の国立農学系単科大学として、「知の創造と実践によって実学の学風を発展させ、『食を支え、くらしを守る』獣医学・農学・畜産学融合の教育研究と国際通用力を持つ人材を育成しています。また、社会の要請に即した農学系人材「グローバル人材」を輩出するため、欧州レベルの高度な獣医学教育や世界トップレベル大学等との国際共同研究及び教育交流等を実践。2022年4月には、小樽商科大学・北見工業大学と経営統合し、更なる教育研究機能を充実させます。

学部・学科一覧
畜産学部共同獣医学課程 定員数40名
畜産科学課程 定員数210名

問い合わせ先・住所など
郵便番号080-8555
住所北海道帯広市稲田町西2線11
部署名入試・教務課入学試験係
電話番号0155-49-5321



その他
公式ページhttps://www.obihiro.ac.jp/

帯広畜産大学の記事一覧

帯広畜産大学、日本本土新記録のムカデを帯広で発見

 帯広畜産大学大学院生の開澤菜月さん(畜産科学専攻・環境生態学コース1年)と、環境農学研究部門山内健生准教授は、帯広市で […]

帯広畜産など北海道国立3大学統合、法人の経営方針を公表

 帯広畜産、小樽商科、北見工業の北海道にキャンパスを置く3国立大学法人が2022年4月に経営統合するのに伴い、3法人は新 […]

大学統合など盛り込んだ国立大学法人法改正が成立

 学長選考会議の権限強化や国立大学法人の統合などを盛り込んだ国立大学法人法改正案が衆議院に続いて参議院で可決され、成立し […]

帯広畜産大学とバイオーム、アプリを使って野生動物の交通事故調査を開始

 株式会社バイオームと帯広畜産大学の浅利裕伸特任講師は共同で、いきものコレクションアプリ「Biome(バイオーム)※」を […]

1日10gのミルクプロテイン摂取と運動で筋肉量増加 帯広畜産大学など実証

 1日10gのミルクプロテインの継続摂取が、低~中強度の運動を実施した成人男女(60歳以上)の筋肉量を増加させることを確 […]

帯広畜産大学の記事一覧