関西大学は千里山キャンパス(大阪府吹田市)で実施している新型コロナウイルスワクチンの接種において、接種を受けた学生に関大前商店会で利用できるクーポン券の配布を始めた。コロナ禍で大打撃を受けた地元商店街支援の試みで、クーポンをきっかけにして集客の回復を目指す。

 関西大学によると、クーポン券は500円券で、ワクチンの第1回接種時に配布する。費用は学生の保護者会に当たる教育後援会が負担する。クーポン券には2回目の購入の際に使用できるセカンドクーポンの50円券がついており、セカンドクーポンの費用は関大前商店会の負担となる。

 関西大学は全学で学部学生、大学院生ら約3万人の学生が学んでいる。新型コロナの感染拡大前は阪急関大前駅から大学までの間に約50の店舗が並ぶ関大前商店会が大勢の学生でにぎわっていた。しかし、感染拡大に伴い、オンライン授業への転換などから通学する学生が減ったほか、感染対策で外食を避ける学生も増えたため、関大前商店会の加盟店が大打撃を受けている。

 関西大学は2020年にランチのデリバリーサービスを始めるなど関大前商店会支援に動いてきたが、たび重なる緊急事態宣言の発令で十分な効果を上げられなかった。このため、新たな方策としてクーポン配布を企画したもので、関大前商店会の加盟店も学生向けの新メニューを打ち出して学生の来店を待つ。

参考:【関西大学】ワクチン接種で生まれた全国初の「大学・保護者会・商店会の絆」~ 接種会場で500円クーポン券を配付し、商店街活性化につなげる~(PDF)

関西大学

考動力と新たな価値を創造する力で、未来を切り拓く

135年の歴史をもつ関西大学は、大学昇格、また、学是「学の実化」の提唱100周年を2022年に迎えます。専門性を深く追求、好奇心のままに知を探究、自分の学びを広げる13学部を擁する総合大学に発展。不確実性の高まる社会の中で困難を克服し未来を切り拓こうとする強い[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。