名古屋工業大学、東北大学サイバーサイエンスセンター、東京電機大学の共同研究グループは、気象データと計算シミュレーション技術を融合し、東京都・大阪府・愛知県・宮城県の一日当たりの熱中症搬送者数を予測。実測値と比較し、コロナ禍による2020年の熱中症搬送者数への影響を考察した。

 熱中症発症の患者数・搬送者数は気象の影響、人の暑さ慣れなどが複合的に関係し、過去のデータとの単純比較ではコロナ禍の影響か気象の影響かが不明瞭になる。今回、気象情報に基づく熱中症搬送者数予測術を用いて気象の影響を取り除いて比較し、人口動態も考慮した予測値も同様に示した。

 大阪府・愛知県・宮城県では、ステイホームの影響で屋内にとどまる人の割合は多かったが、屋内からの熱中症搬送者は例年と同傾向だった。屋内搬送者の約7割が高齢者でステイホームの影響を受けなかったとみる。また、屋外からの搬送者は、お盆時期にはステイホームにより搬送者数は減少。他の時期では屋内・屋外搬送者数ともに変化なし。コロナ禍による人口動態が変化しても、ステイホームに伴う暑熱順化の遅れや体力低下により、同じ作業でも多くのエネルギーを消費し、体温上昇しやすくなったことで影響が見られなかったと示唆される。

 一方、東京都では屋内・屋外ともに例年より増加傾向。特にお盆期間中の屋内搬送者数が予測値を大きく上回った。推定式では急激な気温の変化を十分考慮できないことに加え、コロナ禍による帰省の自粛や、ステイホームによる体力低下などの複合的影響が考えられる。

 今後、熱中症リスクの低減に向けた啓発活動への利用や、救急搬送される患者数の推定などへの応用が期待されるとしている。

参考:【名古屋工業大学】コロナ禍の熱中症搬送者数について ~熱中症搬送者数予測技術からの知見~

東北大学

イノベーションの源泉となる優れた研究成果を創出し、次世代を担う有為な人材を育成

東北大学は、開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念及び「実学尊重」の精神を基に、豊かな教養と人間性を持ち、人間・社会や自然の事象に対して「科学する心」を持って知的探究を行うような行動力のある人材、国際的視野に立ち多様な分野で専門性を発揮して指導的[…]

名古屋工業大学

「ものづくり・ひとづくり・未来づくり」人間性豊かな実践的工学エリートをめざす

歴史・文化・伝統を活かしながら個性輝く自立性に富む工科系国立大学です。頭脳による工学を常に客観的に見つめる「心の工学」を実践し、心の豊かさを実感できる社会の実現に向けて邁進。工学分野の専門性を磨く高度工学教育課程(生命・応用化学科、物理工学科、電気・機械工学科[…]

東京電機大学

「実学尊重」「技術は人なり」のもと、真の実力を引き出し、未来を切り拓く

東京電機大学は、創立以来110年を超える歴史を重ねながら、建学の精神「実学尊重」により、自分で考え、判断し、行動する。人の心を理解し、社会に貢献できる確かな眼力・高度な専門性を持った研究者・技術者を育成しています。実験や実習などを積み重ね、自ら考える力を養い、[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。