最近10年間に梅雨前線の降水活動が非常に活発となっていることがわかった。東京都立大学および名古屋大学のチームが、降雨観測衛星の長期間観測データを用いて明らかにした。

 中国付近のメイユ前線と日本付近の梅雨前線では、西風と東風が合流して多量の水蒸気が輸送されることに伴って、多量の降水がもたらされ、しばしば気象災害が引き起こされる。九州地方に甚大な被害をもたらした令和2年7月豪雨もその一つだ。

 本研究では、最近の豪雨災害の頻発を理解するために、人工衛星に搭載された降雨レーダのデータを用いて、梅雨前線帯の雨の降り方の長期変化を調べた。宇宙から降水を直接観測したユニークなデータを活用することにより、長期間に渡って均質な実測データによる解析が可能となった。

 解析の結果、2010年代の梅雨前線帯における降水活動は、その前の2000年代よりも明らかに活発化していることが確認された。例えば、2010年代の10mm/hr以上の非常に強い降雨の頻度は、2000年代よりも約25%も高くなっていた。

 さらに、最近約20年間の梅雨期の大気の流れも解析した結果、2010年代では、2000年代に比べて、太平洋高気圧の東縁に沿った南からの水蒸気輸送が強化されていること、亜熱帯ジェット気流上に大気の波動が存在し、梅雨前線付近で上昇流を強化するような気圧の谷が強まっていることという2つの傾向が顕著に認められた。これらの大気の流れの変化が、梅雨前線活動の活発化にも関連しているとみられる。

 本研究により、梅雨前線の雨の降り方が平均的に強まっていることが示唆され、今後はそのレベルの降水活動に対応した防災対策が必要となると考えられる。将来においても、降雨観測衛星による継続的なモニタリングが重要である。

論文情報:【Scientific Reports】Recent decadal enhancement of Meiyu-Baiu heavy rainfall over East Asia

名古屋大学

真の勇気と知性をもち、未来を切り拓いていける人をめざす

名古屋大学は、9学部・13研究科、3附置研究所、全国共同利用・4共同研究拠点などを擁する総合大学です。創造的な研究活動によって真理を探究し、世界屈指の知的成果を産み出しています。自発性を重視する教育実践によって、論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育成[…]

首都大学東京

学問の力で、東京から世界の未来を拓く

東京都立大学は、2020年4月に大学名称を、「首都大学東京」から「東京都立大学」に変更。東京都が設置する唯一の総合大学として、世界トップクラスの大学であり続けるため、教育、学術研究はもとより、国際化、ダイバーシティ、社会貢献などの分野においても、環境の整備を続[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。