北里大学薬学部の安藤航助教、堀井剛史助教、メディカルセンター研究部門の植松崇之室長補佐らの研究チームが、新型コロナウイルス感染症患者の米国での診療データを解析したところ、高齢、男性、2型糖尿病、肥満という要因が重なるほど重症化しやすいことが分かった。

 北里大学によると、研究チームは全米の医療機関から収集された大規模電子医療記録データベースをもとに、新型コロナ感染症の患者2万8,095人を解析し、診断日から30日以内に入院治療を受ける危険性などを評価した。

 評価方法として年齢が65歳以上、男性、2型糖尿病、肥満に該当すると、それぞれ1点を付加し、点数別に患者が入院する可能性を分析した。その結果、1点の患者は点数が加算されなかった患者に比べて約3倍、2点の患者は約6.5倍、3点の患者は約16倍、4点の患者は約20倍に可能性が高まっていた。

 生命の危機に瀕し、24時間集中治療室に入るクリティカルケアの可能性は、2点が約15倍、3点が約38倍、4点が約55倍になることが明らかになった。

 研究チームは糖尿病をコントロールし、肥満を解消するなど、複数のリスクを回避することにより、重症化の危険性を抑えられるとみている。今後は日本人などアジア人のデータを基に、それぞれのリスク因子と病態の関係を明らかにする。

論文情報:【Scientific Reports】Impact of overlapping risks of type 2 diabetes and obesity on coronavirus disease severity in the United States

北里大学

生命科学の総合大学として3つのフィールドから総合的にアプローチ

北里大学は、北里大学の7学部15学科と、併設校である北里大学保健衛生専門学院および北里大学看護専門学校の有機的な「知」のネットワークで、生命科学のフロンティアを一歩ずつ切り拓いています。生命科学の総合大学として3つのフィールドから総合的にアプローチ。生命科学の[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。