北里大学、株式会社Epsilon Molecular Engineering(EME)、花王株式会社の研究グループは、新型コロナウイルスに対して感染抑制能(中和能)を有するVHH抗体の取得に成功。新型コロナウイルス感染症の治療薬や診断薬の開発につながることが期待される。

 現在、世界各地で新型コロナウイルス感染症が大きな課題となり、一刻も早く治療薬を開発する必要がある。そのために、新型コロナウイルスと特異的に結合する抗体が望まれている。抗体は体内に侵入した異物(抗原)に対する免疫に関わり、特定の抗原と結合できる。これにより、さまざまなウイルスの感染抑制や特異的検出が可能となり、治療薬や検査薬に利用されている。

 今回、花王はEMEより標的分子に結合するタンパク質を効率的に取得できる技術(cDNAディスプレイ技術)の提供を受け、ヒト培養細胞で発現させた新型コロナウイルスの表層に存在する「S1タンパク質」を標的分子に用いたスクリーニングを実施し、候補となるVHH抗体(ラクダ科動物由来の抗体)の配列情報を取得。これにより候補遺伝子の人工合成を行い、微生物によるVHH抗体生産を行った。作製したVHH抗体の標的分子に対する結合能の評価から、VHH抗体が標的分子と結合することが確認できた。

 また、北里大学は花王が提供した候補VHH抗体の新型コロナウイルス粒子への結合と、中和活性の有無を確認し、感染抑制能を評価した。その結果、本VHH抗体を添加した場合に新型コロナウイルスの細胞への感染が抑制されていることを確認した。

 今回の研究結果により、取得したVHH抗体は新型コロナウイルスに結合するだけでなく、感染抑制能があることが分かった。新型コロナウイルスの治療薬や検査薬の開発につながることが期待される。

参考:【北里大学】北里大学大村智記念研究所片山和彦教授らの研究グループが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して感染抑制能(中和能)を有する VHH 抗体の取得に成功(PDF)

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。