千葉商科大学 政策情報学部で西洋美術、メディア芸術、アニメーションなどの表現分野を専門に学ぶ楜沢順教授のゼミナールは、2017年2月21日から市川市の木内ギャラリーで卒業制作展を開催する。

 卒業制作展「Mysterious Faculty of Final Memory」では、楜沢ゼミの4年生14名が、イラスト、映像、写真、立体モデル、ドール製作といった様々な表現に関する学びの集大成として制作した作品を展示する。

 どの作品も、学生たちがそれぞれ、自身のめざす表現について研究し、最終学年となった4年次の1年間を費やして制作に励んできた渾身の作。また、学生たちは、作品の製作だけでなく、卒業制作展の企画や運営も行っている。会期は2017年2月21日~26日。入場無料。

<楜沢ゼミ卒業制作展「MFF~Mysterious Faculty of Final memory~」>
【会期】 2017年2月21日(火)~2月26日(日)
【時間】 9:30~16:30 (最終日は15:00終了)
【会場】 木内ギャラリー
【アクセス】京成本線国府台駅より徒歩8分/JR市川駅北口バス停1番乗り場 松11 松戸駅行きバス乗車「真間山下」下車徒歩5分
【入場料】 無料

千葉商科大学

経営者や専門家として、高い論理観を持って活動、未来を切り拓く人材を育成

商経、政策情報、サービス創造、人間社会、国際教養の5学部と大学院を有する、社会科学系の総合大学となった千葉商科大学。「実学」を教育理念とし、幅広い教養を身に着けたうえで、学生の能動的な学習を引き出すアクティブラーニングを積極的に取り入れています。また、グローバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。