東京工科大学メディア学部は、2020年1月31日から2月2日にわたって世界100カ国以上で同時開催されるゲーム開発イベント「グローバルゲームジャム 2020」に、東京工科大学会場として11年連続で参加する。

 「グローバルゲームジャム」は、ゲーム開発のプロからアマチュア、学生らが6~8人のチームを組み、当日発表される世界共通テーマのもと丸2日間(48時間)かけてゲームの完成を目指すイベント。世界最大のゲーム開発ハッカソンとしてギネスブックにも登録されており、2009年に初開催されて以来その規模は年々拡大。2019年は過去最多となる世界113の国と地域の860会場に47,000人が参加し、約9,000作品のゲームが制作された。

 東京工科大学は、2010年に国内大学として初めて「グローバルゲームジャム」の会場のひとつとなり、メディア学部の学生らがゲーム開発や会場運営、ライブ番組の企画配信などに参加してきた。今では、学生やプロ、海外からなど多様な参加者100名前後が集う国内最大級の会場となっている。

 東京工科大学では、このイベントを学生がプロとチームを組み、企画からプログラミング、デザイン、サウンドといったゲーム開発のプロセスを短期間で体験できる「実学教育」としても活用しており、参加した学生の多くが卒業後もゲームや関連業界で活躍している。

 担当する三上浩司教授は「グローバルゲームジャムはコンテストではなく、チャレンジの場です。これまで身に着けてきたスキルを活かし、会場で一緒にチームを組むプロや世界中のゲーム開発者とともに同じテーマに取り組むことで、大学の中だけでは体験することのできない発見がある」 と語る。

 東京工科大学会場での参加チームの参加受付は2020年1月27日午前2時まで。当時の一般観覧は自由。

参考:【Global Game Jam 2020 東京工科大学サテライト会場】イベント概要

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。