2021年11月22日(月)~12月4日(土)、関西大学と法政大学はSDGsの推進強化週間として「SDGs WEEKs 2021 ~実践知を磨き、考動する2週間」を開催している。期間中は企業や自治体とも連携し、SDGsをテーマにしたセミナーやワークショップ、交流会など、約20のイベントを通じて、大学内におけるSDGs推進の機運醸成を図る。

 主なイベントとして、法政大学の廣瀬克哉総長と関西大学の前田裕学長の対談が、12月3日(金)にオンライン形式で実施される。「SDGsと大学の役割 ~パートナーシップを通じた取り組み」と題して、今後のSDGs推進事業の展開も含め、両大学ならではの構想について対談する。閲覧は事前申し込みが必要。YouTubeのライブ配信で17:00から行う。

 また12月4日(土)には学生による「SDGsアクションプランコンテスト」が実施される。2年目を迎えるこのコンテストは、学生が“持続可能な社会”について主体的に考え、SDGs達成に向けた具体的な提案を行う。発表内容は、「企業×商店街×保育園 ~街と人をつなぐビル~」、「ジェンダーかるたで楽しく学ぼう」、「異色のコラボ『メコン川流域国の昆虫食×日本の障害者就労』」、「リユースで始まる新しい服の価値 ~貴方の服に新たなトキメキを~」など、ユニークなものが並ぶ。こちらは法政大学市ケ谷キャンパスで行われ、YouTubeでライブ配信する。

参考:【法政大学】「KANDAI×HOSEI SDGs WEEKs 2021」を開催します

法政大学

「自由と進歩」 時代に応える自立型人材を育成

法政大学では、建学以来「自由と進歩」の精神を培ってきました。現在は15学部38学科からなる幅広い学問分野を擁する日本有数の総合大学となっています。自由な発想で新しい問題に挑戦する自立型人材を育成。文部科学省・H26年度「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB[…]

関西大学

考動力と新たな価値を創造する力で、未来を切り拓く

135年の歴史をもつ関西大学は、大学昇格、また、学是「学の実化」の提唱100周年を2022年に迎えました。専門性を深く追求、好奇心のままに知を探究、自分の学びを広げる13学部を擁する総合大学です。不確実性の高まる社会の中で困難を克服し未来を切り拓こうとする強い[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。