不安や抑うつ的になりやすい人では自分でも明確に意識せずに、ネガティブな事柄を多く思い出している。今回、富山大学と北里大学などの共同研究グループ※は、意識下でのネガティブに偏った想起の神経生物学的なメカニズムを世界で初めて明らかにした。

 不安障害やうつ病を患っている人、また未発症でも不安になりやすく落ち込みやすい性格傾向を持つ人は、多数の情報のなかでも、ポジティブあるいはニュートラルな情報は度外視して、ネガティブな情報を多く覚え、思い出しやすい傾向があるとされる。不安や抑うつ的になりやすい人にネガティブに偏った記憶が存在することは臨床的・学術的に知られていたが、その詳細なメカニズムは不明だった。

 研究グループは今回、うつ病や不安障害に罹患していない100名の成人を対象として検証した。その結果、不安および抑うつ的な性格傾向のいずれも、明確に意識せずにネガティブな刺激を思い出しやすいという偏った記憶処理と結びついていた。特に不安になりやすい性格傾向の人ほど、直前に接触した情報のうちネガティブなものを多く取り込み、意識下で多く思い出していた。

 また、このようなネガティブに偏った記憶は、脳内の扁桃体の外側基底核と前帯状皮質膝下部との間の機能結合と、ストレスホルモンであるコルチゾールとノルエピネフリン(その主要代謝産物であるMHPG)との相乗効果により説明されることが分かった。

 今回の知見は、不安障害やうつ病などのストレス関連精神障害の発症メカニズムの解明に寄与するもので、今後こうした記憶の偏りを標的とした心理的介入法が、不安障害やうつ病に対する有効な治療・予防法の一つとなることが期待されるとしている。

※他に、国立精神・神経医療研究センター、労働安全衛生総合研究所、久留米大学、アメリカ合衆国ウェイン州立大学、京都大学が参加。

論文情報:【Psychoneuroendocrinology】Implicit and explicit emotional memory recall in anxiety and depression: Role of basolateral amygdala and cortisol-norepinephrine interaction

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

富山大学

未来を拓く、おもしろい授業・おもしろい研究を実践

富山大学は、未来を切り拓くような出会いを提供する「おもしろい大学」づくりに取り組んでいます。高度な専門的知識をわかりやすく楽しく、ワクワクとした期待感をもって受けられる授業や、ユニークである、あるいは革新的で社会からも高く評価されている研究を実施。現在、人社芸[…]

北里大学

生命科学の総合大学として3つのフィールドから総合的にアプローチ

北里大学は、北里大学の7学部15学科と、併設校である北里大学保健衛生専門学院および北里大学看護専門学校の有機的な「知」のネットワークで、生命科学のフロンティアを一歩ずつ切り拓いています。生命科学の総合大学として3つのフィールドから総合的にアプローチ。生命科学の[…]

久留米大学

人間力を基礎からしっかり学び・磨く教育環境

2018年に創立90周年を迎えた久留米大学は、6学部13学科、4大学院研究科、19の研究所・センターなどを擁する総合大学。一人の人間としてチカラ強く生きていく総合的な力、「人間力」を培い、実践的な人材を育成しています。人とのつながり、地域とともに学び、成長でき[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。