東京都市大学は、文部科学省からの要請に応じ「共通テスト利用入試」についても「一般選抜」への振替措置を発表した。すでに一般入試の前期・中期・後期については欠席となった日程以降への振替受験を可能としており、今回はその追加措置となる。

 オミクロン株による新型コロナウイルスの感染拡大を受け、文部科学省は1月11日に「令和4年度大学入学者選抜における受験機会の更なる確保について(依頼)」※を通知した。「大学入学共通テストを受験できなかった場合」「出願した大学の個別学力検査を受験できなかった場合」「そのいずれも受験できなかった場合」において、さらにそれぞれの追試験や振替受験もできなかった場合に、受験機会の更なる確保として、再度の追試験の機会を設定したり、小論文や調査書などを組み合わせた選抜を行うなどの工夫を講じてほしいというものである。

 東京都市大学では、2月1~3日の「一般選抜(前期)」、2月20日の「一般選抜(中期)」、3月4日の「一般選抜(後期)」については、それぞれ欠席となった日程以降の入試制度への振替受験ができることとしていたが、今回の追加措置として「共通テスト利用入試」についても「一般選抜」への振替受験ができることを加えた。

 具体的には、「共通テスト利用入試<前期3教科型>」「同<前期5教科基準点型>」は、共通テストの結果だけで合否判定する入試制度であるが、共通テストの本試験及び追試験いずれも受験できなかった受験生は、追加の受験料を徴収せずに「一般選抜」を振替受験できることとした。

 また、「共通テスト利用入試<後期3教科小論文型>」は入試シーズン末期の3月14日に実施するもので、「共通テスト」の結果と「調査書」「小論文」で合否判定する。総合型選抜のような要素も加えた、学力の3要素を趣旨にした入試制度である。共通テストを受験していないと出願できない入試制度であるが、東京都市大学の「一般選抜」の受験をしていた場合には、その得点を利用することができることとした。

 それぞれの入試制度は日程と趣旨が異なるが、振替措置としてあえて連動させることで受験の機会を確保し、東京都市大学の受験生には総合的に不利益がないように再構築されたと言えるだろう。

文部科学省:令和4年度大学入学者選抜における受験機会の更なる確保について(依頼)(PDF)
参考:【東京都市大学】本学の入試(予定通り実施)と受験できなかった場合の振替措置について

東京都市大学

理工系DNAを持つ総合大学。時代と社会が求める「未来を変える」学びが始動

創立90年を超える東京都市大学は、3キャンパス7学部17学科を擁し、理工系から人文・社会科学系に至る多彩な専門性を備えた独自の教育システムを展開。関連分野では相互に連携しながら教育・研究を進めています。専門の学習・研究に直結した実践的なプログラムとして、国内外[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。