畿央大学大学院博士後期課程の水田直道氏と森岡周教授らは、脳卒中患者の歩行時における筋シナジーの異常パターンから3つのサブタイプを特定し、各サブタイプの歩行特性について検証した結果を発表した。

 脳卒中患者は歩行能力が低下することが多く、これには、下肢筋活動パターンの異常が影響すると考えられている。脳卒中患者の歩行時の異常な筋活動パターンは、立脚相または遊脚相において確認されるが、個々の症例によって異なるという。今回、本研究者らは、研究対象となる脳卒中患者に歩行テストを実施してもらい、筋活動の異常パターンを筋シナジーの側面から分類することで、3つのサブタイプを特定した。

 各サブタイプで、異なる歩行特性が明らかになったとしている。立脚期における筋シナジーの異常パターンがみられるサブタイプでは、快適歩行時に麻痺側下肢伸展角度が減少していた。遊脚期における筋シナジーの異常パターンがみられるサブタイプでは、快適歩行時に麻痺側下肢屈曲角度が減少していた。最後に、遊脚期における筋シナジーの異常パターンがみられるサブタイプでは、麻痺側下肢を大きく振り出すように歩くと、筋シナジーの異常パターンが即時的に改善することが分かった。

 それぞれのサブタイプに応じて快適歩行時の運動学的パラメータが異なっていたことから、今後は、サブタイプの神経基盤や、筋シナジーの異常パターンがどのような回復過程を辿るかについて、明らかにしていく必要があるとしている。

論文情報:【PLOS ONE】Merged swing-muscle synergies and their relation to walking characteristics in subacute post-stroke patients: An observational study

畿央大学

全卒業生16年間就職率95.3%を達成。健康と教育のスペシャリストを育てる実学重視の大学

畿央大学は、理学療法士、看護師、助産師、管理栄養士、建築士や小学校教諭、幼稚園教諭、養護教諭、保育士などの「健康」と「教育」分野のプロフェッショナルを育てる実学重視の大学です。開学以来の全卒業生16年間就職率は95.3%※で、「就職に強い大学」として評価されて[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。