東京都市大学は、2023年度より、高等専門学校からの3年次編入学者の授業料の75%(最大221万4000円)を減免する制度を新設した。編入学者の経済的負担を軽減し、優秀な人材の育成に寄与することが目的。多様なバックグラウンドを有する人材の受け入れによる新たな研究面のイノベーションにも期待している。

 高等専門学校(高専)は、中学卒業後の5年一貫の教育研究課程で、全国に57校ある。そのうちの53校は工業系で、特に所在県の産業に貢献する有為な人材を輩出してきた。近年では卒業後に大学へ編入学するケースも増えており、2021年度では、全高専卒業者数9,710名のうち2,357名(24.3%)が大学に編入学している(文部科学省 学校基本調査より)。

 東京都市大学では、従来から高専からの編入学者を受け入れるための「3年次編入学試験(高等専門学校推薦制)」を行ってきた。推薦制度の対象校として工業系53校(うち国公立50校、私立3校)を指定しており、出願においては成績基準を設定している。しかし国公立大学に比べ授業料が割高であることから、この推薦制度による東京都市大学への編入学者数は毎年若干名にとどまっていた。

 こうした状況を鑑み、東京都市大学では、当該入試制度による合格者で、かつ国公立高専50校の卒業者を対象として、授業料を75%減免する制度を新設した。例えば、理工学部では年間147万6000円の授業料が110万7000円減免され、36万9000円になる(入学金等は必要)。現在の国公立大学の授業料は年間53万5800円を標準額としているが、これを大きく下回ることになる。編入学後の2年間では、総額221万4000円の減免となる。対象学部は、理工学部/建築都市デザイン学部/情報工学部/環境学部 環境創生学科/メディア情報学部 情報システム学科。

 東京都市大学における高等専門学校出身者は、学業においても研究においても高い実績をあげており、卒業後に大学院に進学する者も多くなっている。通常の入学者とは異なるバックグラウンドを有する人材の受け入れにより新たな研究面でのイノベーションも期待している。

参考:【東京都市大学】東京都市大学が高等専門学校からの3年次編入学者の授業料減免制度を新設 — 授業料の75%(最大、2,214,000円)を減免

   

東京都市大学

理工系DNAを持つ総合大学。時代と社会が求める「未来を変える」学びが始動

創立90年を超える東京都市大学は、2キャンパス7学部17学科を擁し、理工系から人文・社会科学系に至る多彩な専門性を備えた独自の教育システムを展開。関連分野では相互に連携しながら教育・研究を進めています。専門の学習・研究に直結した実践的なプログラムとして、国内外[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。