自分の行為と外部刺激との間の規則的な関係性、すなわち自己の運動とその結果の繋がりを検出する能力を「行為と結果の規則性の知覚」と呼ぶ。行為と結果の規則性の知覚は、既に乳児期にも存在することが分かっている。例えば、頭上にあるモビールと足首を絹紐で結びつけられた生後9~12週齢の赤ちゃんは、自分の足を動かすとモビールが動くことに気付くと、それが楽しい報酬となり、足の運動をより活発にしていく。

 このように、定型発達乳児は生後の発達早期にも行為-結果の規則性の知覚を備えているが、その後、幼児期から青年期にかけて一定なのか、あるいは発達的に変化するのかは明らかとなっていなかった。

 そこで、畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの信迫悟志准教授らは、東京大学の温文(Wen Wen)特任准教授、武庫川女子大学の中井昭夫教授らと共同で、5~16歳における行為-結果の規則性の知覚感度の発達変化を調べた。

 研究に参加した5~16歳までの子ども200名は、温文(Wen Wen)特任准教授が開発した行為-結果規則性検出課題に取り組み、この課題の成績から、行為-結果の規則性の知覚感度を評価された。

 その結果、9~16歳児の規則性の知覚感度は、5~6歳児と比較して高く、5~6歳児ではまだ行為-結果の規則性の知覚が未成熟であることがわかった。また、5~16歳において、規則性の知覚感度は年齢の増加と共に向上が認められた。加えて、実験時に測定した微細運動技能(手先の器用さ)が低値だった児では、中-高値を示した児と比較して、規則性の知覚感度が低下していることもわかった。

 本研究により、行為-結果の規則性の知覚感度が幼児期から青年期にかけて発達向上することが初めて明らかとなった。今後は、成人期や老年期も含めたヒトの一生における行為-結果の規則性の知覚の変化を明らかにする必要があるほか、脳性麻痺、発達性協調運動障害、自閉症スペクトラム障害といった障害と行為-結果の規則性の知覚感度との関係性も明らかにしていく必要があるとしている。

論文情報:【Scientific Reports】Developmental changes in action-outcome regularity perceptual sensitivity and its relationship to hand motor function in 5–16-year-old children

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

畿央大学

全卒業生16年間就職率95.3%を達成。健康と教育のスペシャリストを育てる実学重視の大学

畿央大学は、理学療法士、看護師、助産師、管理栄養士、建築士や小学校教諭、幼稚園教諭、養護教諭、保育士などの「健康」と「教育」分野のプロフェッショナルを育てる実学重視の大学です。開学以来の全卒業生16年間就職率は95.3%※で、「就職に強い大学」として評価されて[…]

武庫川女子大学

女子総合大学の強みを生かし、「一生を描ききる女性力を。」養成

2019年に創立80周年を迎えた武庫川学院は、建学の理想である「立学の精神」に込め、「高い知性、善美な情操、高雅な徳性」を備えた女性の育成を教育理念に掲げています。理系、芸術系まで幅広い10学部17学科を有し、自らの意志と行動力で可能性を拡げ、生涯を切り拓いて[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。