群馬大学と株式会社電通は、2018年8月7日付で「次世代モビリティ社会実装研究における産学連携協定書」を締結した。

 電通と産学連携協定を結んだ群馬大学の研究・産学連携推進機構 次世代モビリティ社会実装研究センターは、ドライバーの居ない完全自動運転車両の開発および社会での運用を研究・開発・実践する機関。可動式の信号や道路標識などを備えた自動運転車両のための実験路などを完備し、産業界や地域と連携し、2020年に限定地域での完全自動運転商用化を目指している。

 また、電通は、自動運転技術によって可能性の広がるMaaS(Mobility as a Service=車両の所有ではなくサービスの組み合わせによる新たな交通体系)を見据えた近未来のモビリティ社会に対応するため、プロジェクトチームを設置。次世代型のコミュニケーション・プラットフォームの研究開発を進めている。これまで、最先端の情報通信技術、自動運転技術などがもたらす新たな産業や広告およびコンテンツ事業の可能性に着目し、さまざまな研究を行ってきた。

 今回の群馬大学研究・産学連携推進機構 次世代モビリティ社会実装研究センターとの連携協定もその一環。今後、この産学連携協定に基づき、群馬大学と連携しながら、近未来のモビリティ社会におけるコミュニケーション・プラットフォームや広告・コンテンツの配信手法などについての研究を行っていく。

参考:【群馬大学】 株式会社電通と次世代モビリティ社会実装研究における産学連携協定を締結

群馬大学

Act Locally,Think Globally(地域に根ざし、地球規模で考える)を理念とし有為な人材を輩出し続けます。

群馬大学は、1949(昭和24)年に群馬師範学校,群馬青年師範学校,前橋医学専門学校,前橋医科大学,桐生工業専門学校を統合して設立されました。以降、北関東を代表する総合大学として次世代を担う豊かな教養と高度な専門性を持った人材を育成すること、世界水準の学術研究[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。