「インターネット上で記事を閲覧する人の4割以上が、信じている情報の訂正記事を意図的に避ける」。このような傾向があることが、名古屋工業大学大学院工学研究科の田中優子准教授らの研究で明らかになった。研究グループは、こうしたクリック回避行動が起きる原因を確証バイアスにあるとみており、訂正情報をより広く共有する情報伝達方法を考案する必要があるとしている。

 名古屋工業大学によると、研究グループには田中准教授のほか、東京学芸大学の犬塚美輪准教授、理化学研究所の荒井ひろみユニットリーダー、名古屋大学の久木田水生准教授、東北大学の乾健太郎教授、髙橋容市特任研究員が参加した。

 インターネット上では誤った情報がネットメディアなどで記事にされ、多くの人に共有されることが珍しくない。誤った情報をファクトチェックした記事が少しずつ増えてきたものの、一定数の人がいったん信じた情報の訂正記事を意図的に避けることで、誤った情報が信じられ続ける形になっている。

 研究グループは「信じている誤情報に対する訂正記事のクリックを選択的に避けるということはあるのか?」、もしあるとすれば「選択的に避ける傾向の強い人はどのような特徴があるのか?」という問いを検証した。そこで独自に考案したクリック行動分析指標を用いて実験をした結果、参加者の57%は訂正情報を意図してクリックするものの、43%は意図して避ける傾向にあることが分かった。

 研究グループは、一定数の人に確証バイアスと呼ばれる信じている情報に合致する情報を探し、合致しない情報を無視する傾向があるためではないかとみている。そのため訂正情報の効果を発揮させる社会的・技術的しくみが必要としている。

論文情報:【Proceedings of the 2023 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems】Who Does Not Benefit from Fact-Checking Websites? A Psychological Characteristic Predicts the Selective Avoidance of Clicking Uncongenial Facts

東北大学

イノベーションの源泉となる優れた研究成果を創出し、次世代を担う有為な人材を育成

東北大学は、開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念及び「実学尊重」の精神を基に、豊かな教養と人間性を持ち、人間・社会や自然の事象に対して「科学する心」を持って知的探究を行うような行動力のある人材、国際的視野に立ち多様な分野で専門性を発揮して指導的[…]

東京学芸大学

未来の教育を切り拓く、真の教育力を培う

東京学芸大学は、初等・中等教育の教員養成を行う大学として名を馳せてきました。教員一人当たりの学生数が「3.3人」と徹底した少人数教育のもと、先生としての力を支える、豊かな教養、教科等の専門的な力、教職に必要な力、そして様々な教育課題に応えていく実践力をバランス[…]

名古屋工業大学

「ものづくり・ひとづくり・未来づくり」人間性豊かな実践的工学エリートをめざす

歴史・文化・伝統を活かしながら個性輝く自立性に富む工科系国立大学です。幅広い分野をカバーする‘’工学の総合大学‘’の強みを生かした研究と、豊かな未来づくりを担う実践的工学人材の育成に力を注いでいます。工学分野の専門性を磨く高度工学教育課程(生命・応用化学科、物[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。