理化学研究所などの国際共同研究グループは、ビッグデータ処理(大規模グラフ解析)に関するスーパーコンピューターの国際的な性能ランキングGraph500において、スーパーコンピューター「京(けい)」)による解析結果で、2018年6月に続き8期連続(通算9期)で第1位を獲得した。研究グループには他に、九州大学、東京工業大学、バルセロナ・スーパーコンピューティング・センター、富士通株式会社、株式会社フィックスターズが参加。

 複雑な現象における分析対象は大規模なグラフ(節と枝によるデータ間の関連性を示したもの)として表現した上で、コンピューターによる高速なグラフ解析を必要とする。ネット上のデータ解析だけでなく、経済や科学分野でもグラフ解析は用いられ、応用範囲が拡大している。こうしたグラフ解析の性能を競うのが、2010年から開始されたスパコンランキング「Graph500」だ。

 今回、約1兆個の頂点を持ち16兆個の枝から成るプロブレムスケール(ベンチマークが計算する問題の規模を表す数値)の大規模グラフに対する幅優先探索問題(グラフ上で指定された2つの頂点間の距離が最小となる経路を求める問題)を0.45秒で解くことに成功した。第1位獲得により、「京」は科学技術計算で多用される規則的な行列演算に加え、不規則な計算が大半を占めるグラフ解析の能力や、多様なアプリケーションに対応できる汎用性の高さを実証。同時に研究チームの高度なソフトウェア技術が示された。

 今回の成果の広範な普及のため、国際共同研究グループはプログラムのオープンソース化を行い、GitHubレポジトリより公開中だ。今後は大規模高性能グラフ処理のグローバルスタンダードを確立していく予定という。

参考:【理化学研究所】スーパーコンピュータ「京」がGraph500において8期連続で世界第1位を獲得-ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価-

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。