理化学研究所、東京工業大学、九州大学、富士通、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(アイルランド)の共同研究でスーパーコンピュータ「京」が、11月に発表されたビッグデータ処理に関するスーパーコンピュータの国際的なランキングGraph500において第1位を獲得しました。2015年7月に続く成果です。

 近年、人間の社会活動を詳細に調べる際にインターネット上の膨大なデータ(ビッグデータ)などが活発に用いられるようになってきました。こうした解析においてビッグデータは大規模なグラフとして表現されますが、コンピュータによる解析が不可欠です。例えばソーシャルサービスの利用者同士のつながりの分析、金融取引の安全性担保から医療、科学に至るまで多くの分野でグラフ解析が用いられています。ビッグデータ解析は実社会で起きている様々な問題・課題を解決する上で必要な情報を明らかにするために欠かせない物と考えられています。そのためグラフ解析の用途は今後広がっていく事から、コンピュータのグラフ解析速度を競うGraph500が2010年から始まりました。

科学研究などで用いられる一般的なシミュレーションではコンピュータが得意な規則的な計算が多いのに対して、グラフ解析は不規則な計算が大半を占めています。これに対応できるコンピュータの性能の高さを示す結果となりました。同時にコンピュータの性能を最大限に活かすためのソフトウェアの技術の高さを示すものでもあります。

今後はプログラムの改良によってさらなる性能向上を目指していく予定です。これによって社会が抱える課題解決に貢献していくとしています。

 

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

九州大学

世界へ羽ばたき飛躍する。グローバル社会で活躍するリーダーを育成

110周年を迎えた九州大学は、12学部18学府(大学院・教育組織)を擁する総合大学。2018年から高大接続から学部教育・大学院教育、研究者育成を一貫性のある取り組みとした持続的人材育成プラン「九州大学ルネッサンスプロジェクト」を実施し、優秀な学生と卓越した研究[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。
記事内容等に関する問合せ・ご意見はこちらからお願いします。