上智大学は、「高大接続改革」をより一層推進するために、2021年度入学者選抜試験から、入試制度の異なる国際教養学部を除く全学部・全学科で、学部一般選抜の制度を一新することを発表した。

 新制度では、「TEAPスコア利用型(全学統一日程入試)」「学部学科試験・共通テスト併用型」「共通テスト利用型」の3方式で、一般入試を実施。3つの選抜方式を併用することで、各方式に応じた多様な入学者の受け入れを目指す。全方式で英語4技能を測定する外部検定試験結果を活用することと、大学入学共通テストを導入した選抜方式を新設したことが主な変更点。

 「TEAPスコア利用型(全学統一日程入試)」は、事前に受験したTEAPまたはTEAPCBTのスコアおよび独自の教科・科目試験の結果で総合的に合否判定を行う選抜方式。TEAP/TEAPCBTスコアは、現行の一般入試(TEAP利用型)の出願基準利用から、新方式では合否判定基準利用(得点換算利用)に変更する。指定された受験科目が共通していれば、複数の学部・学科の併願が可能。

 「学部学科試験・共通テスト併用型」は、大学入学共通テスト、英語外部検定試験、学部学科独自試験の3つの試験結果で、総合的に合否判定を行う選抜方式。現行の一般入学試験(学科別)で行っていた独自の教科・科目試験に代えて、大学入学共通テストおよび英語外部検定試験の結果を活用し、基礎的学力および4技能語学力を測定する。英語外部検定試験の結果は、CEFRレベルに応じたバンドスコアで得点換算して利用。外部検定試験は複数の試験を活用する。現行の一般入学試験(学科別)の教科・科目試験とは異なり、記述式を含む思考力を問う出題形式とし、文章理解力、論理的思考力、表現力など、より総合的な学力到達度を測定する。

 「共通テスト利用型」は大学入学共通テストおよび英語外部検定試験結果のみで合否判定を行う選抜方式。英語外部検定試験の結果は、CEFRレベルに応じたバンドスコアで得点換算して利用。指定された受験科目が共通していれば、複数の学部・学科の併願が可能。

 また、出願要件として、高校生活において主体的に取り組んだ活動の成果や、留学・海外経験、取得した資格・検定などについて、Web出願時に提出を求める。ただし、得点化はせず、入学後の学生指導、高大連携に資するための参考資料として活用する。

参考:【上智大学】2021年度 学部一般入学試験の新制度決定

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。