2018年12月25日、東京都は2018年度の東京都女性活躍推進大賞を発表した。大賞にお茶の水女子大学、優秀賞に東京農工大学が選ばれた。

 東京都では、全ての女性が意欲と能力に応じて、多様な生き方が選択できる社会の実現に向け、女性の活躍推進に取り組む企業や団体および個人に「東京都女性活躍推進大賞」を贈呈している。2018年度の大賞受賞者は、お茶の水女子大学など3団体・1個人。優秀賞受賞者は、東京農工大学など3団体・1個人だった。 

 大賞を受賞したお茶の水女子大学は、女性教員比率は50%を超えており、国立大学ではトップ。研究が中断した女性研究者の復帰を支援するため、特別研究員として最長2年間雇用する「みがかずば研究員支援制度」(独自制度) を実施。また、「研究員補助者支援制度」「研究者一時支援制度」も展開。さらに、企業等で管理職を目指す社会人女性を対象とした生涯学習講座「お茶大女性ビジネスリーダー育成塾:徽音塾(きいんじゅく)」開校などの取り組みが評価された。

 優秀賞を受賞した東京農工大学は、産休取得期間にある女性研究者に専任産休ポスドクを雇用し、研究が中断しないよう支援。育児期には研究支援員の派遣を実施していることなどが評価された。また、女性教員の採用、幹部登用を推進し、女性常勤教員比率は2008年度の5.4%から2017年度には13.7%に増加した。

参考:【東京都生活文化局】 平成30年度東京都女性活躍推進大賞が決定しました!

お茶の水女子大学

社会をリードし時代を創る女性たちを育てる、国立総合女子大学。

お茶の水女子大学は、1875(明治8)年に東京女子師範学校が設立されたことに始まります。以降、学ぶ意欲を持って社会のために役立ちたいと望む女性たちのために、女子教育の先達として、道を切り拓いてきました。そして今も、広い知識と豊かな想像力を備え、豊かな未来を創造[…]

東京農工大学

農学、工学の視点から「持続発展可能な社会の実現」に向けた課題解決を目指す国立科学技術系大学。

東京農工大学は1949(昭和24)年に東京農林専門学校と東京繊維専門学校が統合して設立されました。しかし、その起源は明治7年(1874年)に設立された内務省農事修学場と蚕業試験掛にまでさかのぼります。現在では農学部と工学部からなる唯一の国立大学としてこれらの知[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。