東京大学、東北大学、大阪市立大学の研究グループは、2004年のスマトラ沖地震に伴うインド洋大津波の大きな被害を受けたスリランカ南東部沿岸の堆積物掘削を実施。その堆積物の約8,000年間の古環境記録から、8回以上の津波イベントを特定した。

 2004年12月に発生したスマトラ沖地震・津波では、死者・行方不明者がインド洋沿岸の9カ国以上で22万人を超えた。スリランカはスマトラ沖地震の震源地の対岸に位置し、国自体地震が少なく、地震などによる海岸線隆起などが考えられないため、南東部の海岸地帯は津波の記録を正確に記録しているとされる。

 研究グループは、2004年の津波の浸水情報をもとに掘削サイトを選定。スリランカ南部ハンバントータのラグーンに調査用のいかだを係留して、5~8mのコア試料を採取した。堆積物の詳細について観察を行い、過去に津波で海から運ばれたとみられる砂層を特定した。また、詳細な年代決定のために、貝などの化石を採取して加速器質量分析装置による高精度の放射性炭素年代測定を行った。

 その結果、今回得られたコア試料は過去約8,000年間の連続した地層記録で、そのうち過去7,000年間に少なくとも8回の津波による層の記録が残されていることが明らかになった。年代測定については、同じ地域で掘削を行ったアメリカのグループの研究結果とも極めて整合的であり、今回のように堆積物観測と貝化石測定を併用することで、津波の層の特定を客観的に行える可能性が高くなった。

今回の研究は、過去の津波や高波災害の実態を明らかにし、沿岸地域での将来の減災計画を策定する上で重要な成果となることが期待される。

論文情報:【Quaternary Science Reviews】Holocene Indian Ocean sea level, Antarctic melting history and past Tsunami deposits inferred using sea level reconstructions from the Sri Lankan, Southeastern Indian and Maldivian coasts

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。