東京大学生産技術研究所の関本義秀准教授、矢部貴大短期来訪国際研究員らの研究グループが、携帯電話から取得される位置情報を用い、東京都市圏で新型コロナウイルス緊急事態宣言発令前後の人々の行動を解析したところ、自宅外での対人接触率が3月上旬は平時の6割程度、緊急事態宣言発令後の4月中旬は平時の2割程度に減っていることが分かった。

 東京大学によると、研究グループには関本准教授らに加え、ヤフーと東北大学大学院情報科学研究科の藤原直哉准教授、大阪市立大学大学院生活科学研究科の和田崇之教授、米パデュー大学のサティシュ・ウックスリ教授らが参加した。

 研究グループは接触数を100メートルの距離圏内に30分以上滞在した人数の平均値とし、接触率をコロナ禍以前の1月平日の平均値に対する割合と定義した。そのうえで、携帯電話から発信される大量の移動軌跡を解析し、都市圏内で人々がどの程度他の人と接触しているのかを定量化した。その結果、平時に比べて緊急事態宣言前の3月上旬は自宅外での接触率が6割、緊急事態宣言後の4月中旬は2割程度になっていた。

 接触率の減少には東京都内で地域差が見られ、平均所得の低い地域は高い地域より減少率が低かった。

 これまで携帯電話の位置情報から特定地域の人出を推定する調査研究はあったが、人々の接触を定量化する研究はなかった。

論文情報:【Scientific Reports】Non-Compulsory Measures Sufficiently Reduced Human Mobility in Tokyo during the COVID-19 Epidemic

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地域[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。