昭和女子大学に在籍する外国人留学生8人は、2019年2月13日~17日の5日間、昭和女子大学と東武鉄道が協働で企画した外国人留学生向け観光型インターンシッププログラムに参加する。東武鉄道が大学と連携して留学生のインターンシップを受け入れるのは今回が初めて。

 この観光型インターンシッププログラムでは、外国人留学生8人(国籍:中国・韓国・ベトナム・ロシア・ポーランド) が、浅草・日光チームと池袋・川越・小川町チームの2チームに分かれ、東武鉄道の担当者から日本ならではのホスピタリティや接客を学ぶとともに、実際に駅のインフォメーションセンターや駅窓口等において案内業務を体験する。

 また、各チームは、日光の社寺、中禅寺湖、川越市街観光、和紙漉き体験、酒蔵見学などそれぞれの地域の観光スポットを視察。日光市観光協会担当者や川越市役所担当者と、外国人目線で捉えた地域の魅力や課題について意見交換を行う。

 留学生たちは、観光型インターンシッププログラムを通じて発見した東武鉄道沿線や日本文化の魅力をSNS等で発信する。

参考:【東武鉄道株式会社】外国人留学生が日本のホスピタリティと観光から文化を学ぶ 昭和女子大学と東武鉄道が協働で観光型インターンシップを実施

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。