宇宙航空研究開発機構(JAXA)と鹿島建設は神奈川県小田原市の鹿島建設西湘実験フィールドで、自動化建機を使って無人で月に有人拠点を建設するデモ作業を公開した。今回のデモ作業はJAXAと鹿島建設が芝浦工業大学、電気通信大学、京都大学とともに、宇宙での拠点整備を目指して2016年から進めてきた共同研究の成果の一部。

 JAXAによると、今回のデモ作業は地球からの遠隔操作で月面に穴を掘り、筒状の居住モジュールを設置する有人拠点の建設をイメージして進めた。地球に見立てた操作室から事前に用意した作業手順を遠隔指示すると、油圧ショベルとキャリアダンプが作業を自動施工するのに成功した。

 建機には車体方向や位置の計測器、自動走行制御装置を搭載した。掘削など定型作業の繰り返し、指定した地区間の走行を自動で行うことができ、細かい部分の調整を遠隔操作でできる。建機同士がお互いの位置を確認して道を開けたほか、土の受け渡しをスムーズに行うなど研究の成果が披露された。

 JAXAは月では砂を掘る掘削作業が有人拠点の建設に重要になるとし、今回のデモ作業成功が無人で拠点を整備する第一歩になるとみている。
鹿島建設は無人の土木工事技術が宇宙開発だけでなく、建設業界の生産性向上や労災事故の減少に役立つとしている。

参考:【宇宙航空研究開発機構】宇宙探査イノベーションハブの共同研究成果~自動化建設機械による月での無人による有人拠点建設の実現に向けて~

この記事が気に入ったらおねがいします。

関東地方の大学

人類の持続的発展に貢献する知と技の創造と実践を目指し、総合的実践力のある高度な技術者、研究者を養成する

電気通信大学は1918(大正7)年に無線通信技術者の養成機関として創設された社団法人電信協会管理無線電信講習所がその起源です。理工系の分野において科学技術イノベーションを先導し知識基盤社会を支える高度人材の育成と輩出を目指します。[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。