日本、韓国と欧州8カ国の職業階層別死亡率を調べたところ、日本と韓国で管理職や専門職男性の死亡率が高くなっていることが、東京大学とオランダのエラスムス大学の国際共同研究で明らかになった。

 調査は東京大学大学院医学系研究科の小林廉毅教授、李廷秀特任准教授、エラスムス大学医療センターのヨハン・マッケンバッハ教授らによる研究グループが実施。日韓両国とフィンランド、デンマーク、英国ウエールズ、フランス、スイス、イタリア、エストニア、リトアニアの1990年から2015年までの職業階層別死亡率を比較した。

 それによると、欧州ではすべての国で非熟練労働者の死亡率が最も高く、管理職や専門職に当たる上級熟練労働者の死亡率が最も低くなっていた。これに対し、日本と韓国では2015年、熟練労働者の死亡率が農業従事者に次いで高かった。

 死亡率の推移をみると、欧州では死亡率が低い順に上級熟練労働者、下級熟練労働者、非熟練労働者と続く傾向に変化が見られなかった。ところが、日本では1990年代後半、韓国では2000年代後半にそれまで最も低かった上級熟練労働者の死亡率が急上昇し、他の階層の死亡率と逆転していた。

 日韓とも上級熟練労働者の死亡率が上昇したのは経済危機に直面した時期で、がんと自殺の増加が目立った。研究グループは今後、さらに日韓両国の上級熟練労働者死亡要因を分析し、欧州との健康格差是正を目指す。

論文情報:【Journal of Epidemiology and Community Health】Mortality inequalities by occupational class among men in Japan, South Korea, and eight European countries: a national register-based study, 1990-2015

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。