日本英語検定協会は、2019年7月2日、「大学入試英語成績提供システム」に対応する「英検2020 1day S-CBT」の2020年度の実施概要を公表した。2020年4月から7月のいずれかで行われる第1回検定の予約申込みは2019年9月から。

 「英検2020 1day」実施における特長は、全国186エリアに約260のテストセンターを配置予定。予約申込時の入力情報をもとに受験者の利便性を考慮し、実施会場を選定する。また、受験希望者には、「予約申込み」と「本申込み」の2ステップを用意。「予約申込み」で座席を確保し、「本申込み」で受験者本人が「受験日時」「受験会場」を選択できるため、英検協会が一方的に受験日時や受験会場を指定することはない。なお、申込みの多い都道府県では、実施日や実施回数を毎週末もしくは平日夜に増やすなど、受験を希望する受験者が検定実施期間内に確実に受験できるようにする。

 「英検2020 1day」の受験対象者は、大学入試センターから付与される「共通ID」を利用して受験する高校3年生および既卒生。対象級は、準1級~3級の4グレード(CEFR段階はB2~A1)。検定料は、3級5,800円、準2級6,900円、2級7,500円、準1級9,800円。実施日程は、第1回検定が2020年4月~7月のいずれか、第2回検定が8月~11月のいずれかで、原則、土日・祝日の日中または平日夜に実施予定。受験可能回数は各検定それぞれ1回までとなっている。

 今後、日本英語検定協会では、第1回検定の予約申込みが始まる2019年秋までに、「英検2020 1day」をリアルに体験できるコンテンツなども英検Webサイト内に構築する予定。また、詳細情報なども追ってWebサイト内に掲載していくとしている。

参考:【日本英語検定協会】2020年度、「英検2020 1 day S-CBT」の実施概要のお知らせ

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。