大学入学共通テストで導入される英語民間試験のうち、英検を運営する日本英語検定協会は、10月7日までとしていた予約申込期間を11月11日まで延長することを決めた。予約金3,000円の返金申し込みも10月8~15日としていたが、11月5~11日に変更する。

 同協会によると、対象となるのは「英検S-CBT」の2020年4~7月実施分。9月18日から予約申し込みの受け付けを始めており、受検する場合は予約申し込みをしたうえで2020年2月に本申し込みをする必要がある。同協会は予約申し込みをしていれば、試験会場の座席を確保するとしている。

 共通テストに参加する英語民間試験は試験会場や日程で未確定な部分が多く残り、成績をどう活用するか明らかにしていない大学も少なくない。このため、受験生や高校から計画を立てられないとする不満が噴出している。文部科学省はこれを受け、英語民間試験の実施団体に11月1日までに実施方法を詳しく公表するよう要請していた。

 英語民間試験は英語の「読む」「聞く」「話す」「書く」という4技能を測るために活用される。高校3年生が4~12月に受けた最大2回の試験成績が、出願した大学へ送られ、合否判定の材料となる。2020年度は7種類の試験が活用される予定だが、高校生になじみが深い英検とベネッセコーポレーションの「GTEC」に受験生が集まると予想されている。

参考:【日本英語検定協会】「英検2020 1 day S-CBT」第1回検定予約申込に関するお知らせ

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。