就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社は、「出身大学別年収ランキング」を発表した。

 調査を行う際の対象データは、集計期間内(2018年3月~2019年7月)にOpenWorkへ登録のあった年収及び出身大学データのうち、50件以上のデータのあった大学100校、18,651人。大学院は除外し、各大学出身者の年収と年齢の分布から30歳時想定年収を算出した。

 その結果、1位東京大学(30歳時年収810.9万円)、2位一橋大学(739.6万円)、3位京都大学(727.6万円)、4位慶應義塾大学(726.6万円)、5位東京工業大学(708.2万円)となった。OpenWork登録者の傾向として大手企業で働く上位校出身者が多いこともあり、全体的に高い年収となった。中でも1位の東京大学は唯一の800万円超となり、2位の一橋大学と約70万円差と大きく他校を引き離した。また、上位30校の傾向として入試難易度や偏差値とも相関がみられる結果となった。国公立大はTOP30内に18校、東阪名の経済圏に拠点を置く大学が多くを占めた。

参考:【株式会社オープンワーク】出身大学別年収ランキング

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。