就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社は、年齢別の「出身大学別年収ランキング」を発表した。

 OpenWorkでは、2020年に企業の「年齢別年収」を可視化する新コンテンツをリリース。OpenWorkに蓄積された実際に働く社員の年収データを元に、独自のアルゴリズムによって企業ごとに異なる賃金カーブを25歳から5歳刻みで可視化した。今回の調査レポートでは、2018年3月~2021年1月にOpenWorkに登録された年収及び出身大学データのうち100件以上データのあった大学206校、115265人を対象データとした。出身大学データ及び各大学出身者の年収と年齢の分布を、独自のアルゴリズムによって集計し、出身大学別の想定年収を年齢別に算出。30歳時の想定年収による上位30校を発表した。

 30歳時の想定年収で1位となったのは東京大学、2位一橋大学、3位慶應義塾大学、4位京都大学、5位東京工業大学、6位早稲田大学、7位国際基督教大学、8位名古屋大学、9位大阪大学、10位神戸大学。上位30校のうち20校が国公立大学だった。東京大学は25歳時と35歳時においても1位だが、40歳時と45歳時では一橋大学が1位となり逆転する結果に。なお、25歳から45歳にかけてどのくらい年収がアップしているかという視点では、1位が一橋大学(+714.9万円)、2位が防衛大学校(+652.7万円)、3位が東京大学(+650.1万円)という結果になった。

参考:【働きがい研究所】年齢別の出身大学別年収ランキング オープンワークが独自手法で調査

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

一橋大学

私塾から始まり、常に学界をリードする。少数精鋭の社会科学系総合大学のトップ

一橋大学は、1875(明治8)年に森有礼が、渋沢栄一や福沢諭吉の協力を得ながら開いた商法講習所という私塾が始まりです。以降、商業だけでなく社会科学全般をリードする大学へと発展していきます。一橋大学の特徴的な教育の一つは少人数生のゼミナールです。学生は1年生の後[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。