国内最大の電子チケットサービス「ticket board(チケットボード)」を運営する株式会社ボードウォークは、 株式会社アルムが開発した新型コロナウイルス感染対策ソリューション「MyPass」と連携した新サービスを開始する。システムは東京医科歯科大学の藤原武男教授が監修。チケットサービスと新型コロナウイルス感染症対策ソリューションの連携は国内初だ。

 2020年初頭からの新型コロナウイルスは、エンタテインメントやスポーツなどの、不特定多数の密集を伴う産業に大きな影響を与えている。MyPassはワンストップで厳重な感染症リスク管理を実現する世界初のソリューションで、導入により科学的な感染症対策に基づくイベント開催が期待できる。

 新システムでは、チケットボードによりチケットを購入すると、PCR・抗体検査キットが送られる。購入者はアルムの救命・健康サポートアプリ「MySOS」をダウンロードし、来場10日前から体温・自覚症状・血中酸素飽和濃度・呼吸数の情報を測定しMySOSに記録。来場前日実施のPCR・抗体検査の結果をアップロードする。

 当日入場時に感染の疑いがある参加者にはその場で医療チームがPCR検査を実施し、問題がなければ入場できる。イベント後に感染者が判明した場合でもボードウォークの電子チケット管理システムによって即座に追跡可能。また、保険会社と連携して感染を自己申告した参加者に対する補償制度も用意する。

 これにより感染症リスクを最大限に管理し、数千・数万人規模のイベントもフルキャパシティで開催できる。コンサートや演劇、スポーツ観戦などのエンタテインメント業界の再活動と同時に、参加者が安心安全かつ気軽に楽しめる体験の再提供が目指せるとしている。

参考:【株式会社ボードウォーク】“ticket board”と感染症対策ソリューション「MyPass」の連携を開始~電子チケットシステムと医療IT技術を用いたフルキャパシティのイベント開催の感染管理を~
【東京医科歯科大学】新型コロナウイルス感染患者向けバイタル測定スマホアプリ実証研究プロジェクトが AMED 事業に採択~LINE と連携したモニタリングシステムで医療崩壊を防ぐ~(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。