埼玉工業大学は、埼玉県芸術文化祭2019協賛事業として、中学生や高校生のCG作品を集めた第16回CGコンテストを開催した。

 埼玉工業大学は、2つの情報関連の学科(工学部情報システム学科、人間社会学部情報社会学科)があり、CG分野に関して経験豊富な研究者や教員が揃っている。その特徴をいかして、次世代を担う中学生や高校生たちに作品発表の場を提供し、デジタル技術を活用した表現活動の支援を目的とするCGコンテストを開催している。

 16回目となる今回のCGコンテストは、従来の静止画、動画を中心とした「ディジタル表現部門」と地域・社会連携の一環として地元深谷市をテーマにした「深谷市郷土PR部門」、さらに「インタラクティブ部門」を新設し、以上3部門で作品の募集を行った。

 埼玉県内を中心に関東・関西などの中・高校生から合計221点の作品の応募があり、応募作品は、CG、映像、IT分野の専門家を中心として構成する審査会で審査し、計18名の受賞作品を選出した。最優秀賞・埼玉県知事賞には、高校生デジタル表現部門の情報技術科美術部チーム(茨城県立水戸工業高校学校)の作品「未来社会への警告」が選ばれた。

参考:【埼玉工業大学】埼玉工業大学、第16回CGコンテストを開催 ~中高生からディジタル技術を活用した多彩な作品が多数応募~

この記事が気に入ったらおねがいします。

埼玉工業大学

文系理系の枠を超えた多彩な学びを提供。少人数制教育で丁寧な教育と恵まれた学習環境を実現。

埼玉工業大学は、「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念のもと、工学部と人間社会学部の 2 学部 5 学科において、多様化した現代社会で活躍できる人材の育成に努めています。進路や関心に合わせた専門分野の指導はもちろん、英語教育・情報処理教育にも力[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。