火星の水がミネラル豊富な塩味だったことが、金沢大学環日本海域環境研究センターの福士圭介准教授、同センター客員教授で東京工業大学地球生命研究所の関根康人教授、米ハーバード大学のロビン・ワーズワース准教授、物質・材料研究機構の佐久間博主幹研究員らの研究グループによる水質復元で分かった。

 東京工業大学によると、火星は周回衛星や探査車の調査で約40~35億年前の太古の時代に広範囲にわたって液体の水が存在したことが確実視されている。米航空宇宙局(NASA)の探査車キュリオンティは約35億年前に巨大湖が内部に存在していたとされるゲール・クレータで当時、湖底に堆積したとみられる泥を探査し、水の作用で生成された鉱物や有機物を発見した。

 研究グループがその探査データを地球の放射性廃棄物処理分野で開発された新技術を用いて水質復元、解析したところ、かつて火星に存在した水が地球の海水の3分の1程度の塩水で、pHは中性、ミネラルやエネルギー分を豊富に含んでいることが明らかになった。

 火星は生命が誕生する環境だったかどうかで注目されているが、これまで水の塩分やpHが分からなかった。今回の研究成果で太古の火星が生命の誕生や生存に適した環境だったことが確認された。

 研究グループは今回の研究成果を活用することで、火星の生命に適した環境が広範囲に広がっていたのか、その環境がいつどうやって終わったのかなど新たな謎の解明につながるとみている。

論文情報:【Nature Communications】Semiarid climate and hyposaline lake on early Mars inferred from reconstructed water chemistry at Gale

この記事が気に入ったらおねがいします。

金沢大学

伝統と革新の融合から新たな知の創造へ

「専門知識と課題探求能力、そして国際感覚と倫理感を有する人間性豊かな人材の育成」を教育目標に掲げています。科学的な世界観と歴史観、論理的展開力、己を磨く人間力、創造力、日本文化・異文化に対する深い理解力を備え、知的基盤社会の中核的リーダーとなって挑戦し続ける人[…]

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。