島根県の宍道湖でウナギやワカサギの漁獲量が激減した時期にネオニコチノイド系殺虫剤(※1)が周辺の水田で使用され始めたことを、東京大学大学院新領域創成科学研究科の山室真澄教授と産業技術総合研究所、島根県保健環境科学研究所、名古屋市環境科学研究センター、千葉工業大学の研究グループが突き止めた。研究グループはネオニコチノイド系殺虫剤がウナギやワカサギのえさとなる生物を殺傷した可能性があるとみている。

 東京大学によると、ネオニコチノイド系殺虫剤は宍道湖周辺の水田で1993年から使用が始まったが、宍道湖産のウナギはそれまで年間150トン以上の水揚げがあったにもかかわらず、1993年に150トンを割り、1994年に50トン前後まで低下した。

 ワカサギも以前は年間200~300トンの漁獲量があったが、1993年を境に急減し、年間50トン未満に一気に落ち込んでいる。シラウオの漁獲量については変化が見られなかった。

 宍道湖では1982年に1立方メートル当たり121個体生息していた昆虫のオオユスリカ幼虫が2016年の調査で見つからず、いなくなった時期が1993年だったことが明らかになった。さらに、宍道湖の動物性プランクトンの大部分を占めるキスイヒゲナガミジンコが1993年5月に激減していたことも分かった。

 ネオニコチノイド系殺虫剤は水溶性で、水田に散布されたあと、宍道湖に流入しているとみられる。シラウオは初期段階で植物プランクトンをえさにするが、ウナギやワカサギは動物だけを食べる。このため、研究グループはネオニコチノイド系殺虫剤によるえさの減少でウナギやワカサギが激減したとみている。

※1 ネオニコチノイド系殺虫剤 昆虫の神経系に作用する殺虫剤。欧米でミツバチの大量失踪を招いた原因と指摘する声も出ている

論文情報:【Science】Neonicotinoids disrupt aquatic food webs and decrease fishery yields

この記事が気に入ったらおねがいします。

千葉工業大学

最先端の科学技術を学び、世界文化に技術で貢献するプロフェッショナルを育成

千葉工業大学は1942年(昭和17年)、高度な科学技術者を養成し、日本をはじめアジア諸国を豊かにするという社会的な要請を受け、「興亜工業大学」として創立しました。それから75年、ものづくりを通じて日本の成長を支え続け、今では現存する最古の私立工業大学となりまし[…]

関東地方の大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。