昭和女子大学では、学園祭期間にあたる2019年11月9日(土)、10日(日)の2日間、 生活科学部環境デザイン学科田村圭介准教授の研究室が2年がかりで完成させた山手線全29駅の構内模型を展示する。

 田村研究室では、社会の変化に伴い、新たな都市をつくる交通機関として「駅」に着目。2010年に渋谷駅のコンコースを展示会場とする「shibuya1000_02」で渋谷駅の変遷を模型で初めて発表し、2019年8月には東京都建設局が主催した「東京 橋と土木展」において山手線全29駅の構内模型を展示した。

 今回の「山手線全駅構内模型プロジェクト」では、環境デザイン学科田村研究室と同学科建築コースの学生たちが山手線全29駅の構内模型を2年がかりで製作した。プロジェクトメンバーはそれぞれ複数の駅を担当。各駅が開示している構内図を収集したり、実際に駅を見学するなど勉強した上で3Dデータを作成し、レーザーカッターで木材を裁断。500分の1の縮尺で山手線全29駅構内を複雑な通路から細かい段差まで忠実に再現している。

 「山手線全29駅構内模型」展示は、昭和女子大学学園祭期間の2019年11月9日~10日の2日間行われる。時間は10:00~16:00。昭和女子大学1号館6階が会場となる。

参考:【昭和女子大学】「山手線 全駅構内模型プロジェクト」11月9日(土), 10(日) 学園祭にて展示

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。