2019年11月9日(土)、埼玉スタジアム2002東駐車場で埼玉県内最大級の交通安全体験イベント「2019交通安全・環境フェア~生活を支える働く自動車~」が開催され、埼玉工業大学は、主催の埼玉県トラック協会の依頼により、自動運転実験車・SAIKOカーを出展した。

 埼玉工業大学のブースはスタンプラリーのポイントにもなり、秋晴れのなか多数の家族連れが来場した。このイベントで、自動運転車が実際に展示されるのは初めてのことで、自動運転用のライダーやカメラ等が多数搭載されているSAIKOカーの車体を興味深く眺めたり、車の前で記念写真を撮ったりする来場者の姿が多くみられた。

 当日は、展示だけでなく搭載したライダーやカメラの収集した画像情報をディープラーニングによるAIで解析し、リアルタイムでの結果を表示するデモも紹介。見学者は解析画面を見て、AI(人工知能)による自動運転技術の仕組みを熱心に見入っていた。

 また、このイベントでは、会場内にパトカーや消防車などの緊急車両やミキサー車など、普段じっくり見る機会のない「働く車」を多数展示され、体験型イベントとして交通安全体験車「サイトくん」を使った体験学習や自転車シミュレーター、フォークリフト操作体験などが楽しめる企画など、子どもたちも興奮した様子で試乗や写真撮影を楽しんだ。

参考:【埼玉工業大学自動運転関連情報特設サイト】交通安全・環境フェアに出展しました(2019/11/9)

この記事が気に入ったらおねがいします。

埼玉工業大学

文系理系の枠を超えた多彩な学びを提供。少人数制教育で丁寧な教育と恵まれた学習環境を実現。

埼玉工業大学は、「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念のもと、工学部と人間社会学部の 2 学部 5 学科において、多様化した現代社会で活躍できる人材の育成に努めています。進路や関心に合わせた専門分野の指導はもちろん、英語教育・情報処理教育にも力[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。