日本航空(JAL)は米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と連携協定の覚書を締結した。JALが海外の大学と広範な協力関係を結ぶのはこれが初めてで、研究者や学生の日本での調査を支援する。

 JALによると、連携・協力事項は
・教育や研究におけるUCLAの教職員、学生との交流
・共同研究やコラボレーションプログラムの推進
-などで、UCLA研究者や学生に対する日本での調査支援と日本の災害被災地復興支援を当面の活動として予定している。

 ロサンゼルスに拠点を持つJALグループ企業のJALエンジニアリングUSAはUCLAの日本研究拠点であるテラサキセンターと共同で人材育成や研修機会の提供、社会貢献活動などに取り組んできたが、これをよりいっそう深化させて社会課題の解決などに本格的に取り組む。

参考:【日本航空】UCLAとJAL、連携協定の覚書を締結

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。