京都大学大学院医学研究科の大畑光司講師と佛教大学保健医療技術学部の坪山直生教授、京都工芸繊維大学機械工学系の澤口祐一教授らの研究グループは、歩行学習支援ロボットの「オルソボット」を開発した。歩行障害を克服する際のリハビリテーションで利用する装着型の支援ロボットで、製品化して2020年3月から発売を予定している。

 京都大学によると、オルソボットは駆動用モーターを内蔵した本体ユニットと、充電池と操作パネルを装備した腰ベルトユニットで構成される。リハビリテーションの際に長下肢装具に装着すると、歩行中の適切なタイミングでモーターの力によって膝関節の動きをアシストし、本来あるべき歩行運動に誘導する仕組み。何らかの障害で歩行が不安定になった人が簡単に正常な歩行を体験でき、リハビリテーションの効果を上げることが期待される。

 これまでの研究成果を基に精密機器のサンコールと大日本印刷が中心になって製品化を進め、医療機器販売のフィンガルリンクを通じて販売を始める予定。

 従来のリハビリテーション用歩行支援ロボットは装着に時間がかかるうえ、専門家による設定が必要で、専門家のいない施設では利用が難しかった。これに対し、オルソボットは専門家のいない場所でも簡単に装着でき、広く活用することが可能になる。

論文情報:【2017 International Conference on Rehabilitation Robotics (ICORR)】Development of new rehabilitation robot device that can be attached to the conventional Knee-Ankle-Foot-Orthosis for controlling the knee in individuals after stroke

この記事が気に入ったらおねがいします。

京都工芸繊維大学

「知と美と技」を探求する学風。 バイオ、材料、電子、情報、機械、環境、建築・デザインなど幅広い分野で、ものづくりを基盤とした「実学」の教育を行う。

豊かな人間性にもとづく技術の創造を目指して技を極め、人間の知性と感性の共鳴を求めて知と美の融合を目指し、教育研究の成果を世界に発信します。 千年の歴史をもつ京都の文化を深く敬愛するとともに、変貌する世界の現状を鋭く洞察し、環境と調和する科学技術に習熟した国際[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。