京都大学大学院医学研究科・大畑光司講師、佛教大学保険医療技術学部・坪山直生教授、京都工芸繊維大学機械工学系・澤田祐一教授らの研究グループは、歩行学習支援ロボット「Orthobot」(オルソボット)を開発した。本機器は製品化され、2020年3月に発売を予定している。

 現在国内には、脳卒中の患者数が130万人に上ると言われており、後遺症や脊髄損傷等により、歩行に何らかの障害を抱える患者は多い。患者は歩行トレーニングを行って歩行機能の改善を図る必要があるが、介護施設やデイケアなどで効果的なトレーニングを提供するのは容易ではない。また、歩行機能が低下すると、易疲労性や転倒リスクの増加、活動量の低下、廃用症候群を引き起こすリスクを高め、最終的に訓練もできず重症化してしまうという問題もある。さらに、高齢社会の進んだ日本において、リハビリテーションのロボット化は必要な取り組みでもある。

 研究チームは、産学連携で社会にイノベーションを起こすことを目指す京都大学の取り組み「京都大学COI(Center of Innovation)」の一環として、歩行学習支援ロボット「Orthobot」を開発。駆動用モーターの内蔵されたOrthobot本体ユニット、充電池と操作パネルが搭載された腰ベルトユニットで構成され、使用者が脳卒中後の歩行リハビリで使用する KAFO(長下肢装具)に取り付けるだけで、装着者の歩行を本来あるべき歩行運動に誘導することができる。本体ユニットは約1.2kg、腰ベルトユニットは約1.8kgと軽量で、装着者への負担を最小限に抑えた。腰ベルトユニットは介助者が持つことも可能。

 今後は、特定臨床研究を実施して効果検証を一層高め、より高度な医療向け機器の開発を行っていく。2020年3月には、フィンガルリンク株式会社を通じて販売を開始する予定。

論文情報:【2017 International Conference on Rehabilitation Robotics】Development of new rehabilitation robot device that can be attached to the conventional Knee-Ankle-Foot-Orthosis for controlling the knee in individuals after stroke

この記事が気に入ったらおねがいします。

京都工芸繊維大学

「知と美と技」を探求する学風。 バイオ、材料、電子、情報、機械、環境、建築・デザインなど幅広い分野で、ものづくりを基盤とした「実学」の教育を行う。

豊かな人間性にもとづく技術の創造を目指して技を極め、人間の知性と感性の共鳴を求めて知と美の融合を目指し、教育研究の成果を世界に発信します。 千年の歴史をもつ京都の文化を深く敬愛するとともに、変貌する世界の現状を鋭く洞察し、環境と調和する科学技術に習熟した国際[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。