宇宙航空研究開発機構(JAXA)と竹中工務店、キリンホールディングス、千葉大学、東京理科大学スペース・コロニー研究センターは、「袋型培養技術を活用した病害虫フリーでかつ緊急時バックアップも可能な農場システムの研究」に取り組んでいる。今回、袋型培養技術を活用した宇宙農場システムの基礎的試験を成功させた。

 今回培養を行ったのは、ビタミンC源としてレタスの植物体、炭水化物源となるジャガイモの種イモ、タンパク質源となるダイズ苗。キリンホールディングスが開発した袋型培養技術を活用し、小規模な密閉袋の中で増殖させた。宇宙環境と地球との気圧差による負荷を低減するため、千葉大学で低圧環境下での生育可能性の実験を実施し、栄養成分評価、物質収支評価、低圧栽培の成立性などの基礎的確認を行った。

 今回の技術により、宇宙農場システムは小ロットかつウイルスフリー苗の供給の両方を実現できる可能性が確認できた。また、施設についても栽培設備に気圧を調整する構造体を簡素化し、建築資材を低減することが期待できる。

 さらに研究チームは今回の実験結果を用いて、少人数が生活するために必要な栄養成分を生産できる農場システムの規模を試算し、月面農場モデルのイメージが作成された。溶岩洞を想定し、月内部に常圧の居住エリアと低圧の栽培エリアを備えたものとなっている。

 今後は、次のステップとして国際宇宙ステーション等の微小重力環境下における生育等の実験を実現するため、産学連携で研究のレベルアップを図っていく。今回研究を行われている宇宙農場システムは、長期滞在のための居住空間としてJAXAやNASA等に提案する予定。

参考:【東京理科大学】宇宙空間での長期滞在に必要な「食」の要素技術に関する基礎研究第1弾~低圧環境下での袋型培養技術による植物の生育状態を確認~

この記事が気に入ったらおねがいします。

千葉大学

「つねに、より高きものをめざして」を理念とする未来志向型大学

千葉大学は自由、自立の精神を堅持して、地球規模的な視点から常に社会とかかわりあいを持ち、普遍的な教養(真善美)、専門的な知識、技術、技能および高い問題解決能力をそなえた人材の育成、ならびに現代的課題に応える創造的、独創的研究の展開によって、人類の平和と福祉なら[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。