2020年1月25~27日、全域が三河湾国定公園に含まれる愛知県南知多町日間賀島(ひまかじま)で「離島における観光型MaaSによる移動」をテーマに自動運転社会実装実証事業の実証実験が行われ、埼玉工業大学が協力する。

 今回の実証実験では、日間賀島において、約3.62kmの外周道路(公道)を自動運転バスが走行。埼玉工業大学は開発中の自動運転バスを車両提供し、現地での自動運転の一般公道走行を技術面でサポートする。開催期間中、大村愛知県知事をはじめ、日間賀島住民、一般観光客、あいち自動運転推進コンソーシアム会員等が試乗。自動運転の講習を受けた名鉄バスの乗務員が運転席で監視する。

 また、今回は、自動運転車両のさらなる利便性向上を目的に、名古屋鉄道が発売する切符と連動した交通手段、観光情報の提供や、バス入り口に設置した顔認証システムを活用した乗車確認を行い、将来的な顔認証を用いた乗車料金決済の運用など様々なシミュレーションを実施する。

 自動運転の研究・開発に取り組む埼玉工業大学は、2017年10月より全国の公道での実証実験に多数参加してきた。自動運転バスは2019年8月1日に公開し、埼玉県内の複数の実証実験や、兵庫県播磨科学研究都市では市民を乗せて法定速度(最高速度50km)内での公道の自動運転に協力。現在は、同大学キャンパスと最寄駅を結ぶ公道のスクールバスとしても実証実験を行っている。

参考:【埼玉工業大学 自動運転特設サイト】埼玉工業大学、愛知県日間賀島の自動運転社会実装実証事業に協力  ~自動運転バスの車両提供および運行を技術サポート~

この記事が気に入ったらおねがいします。

埼玉工業大学

文系理系の枠を超えた多彩な学びを提供。少人数制教育で丁寧な教育と恵まれた学習環境を実現。

埼玉工業大学は、「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念のもと、工学部と人間社会学部の 2 学部 5 学科において、多様化した現代社会で活躍できる人材の育成に努めています。進路や関心に合わせた専門分野の指導はもちろん、英語教育・情報処理教育にも力[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。