新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、緊急事態宣言に至った北海道。北見市にキャンパスを構える北見工業大学は、2020年3月3日、令和2(2020)年度入学者選抜試験に係る個別学力検査について、3月12日に実施を予定していた後期日程入試を中止すると発表した。志願者には3月3日中に電話で個別学力検査中止の連絡を行う。

 後期日程入試は大学キャンパスのほか、東京・大阪会場でも予定されていた。北見工業大学の入試課入学試験担当は「本試験に係るすべての志願者について、大学入試センター試験の成績及び調査書の内容を総合的に判断して合否を決定」するとしている。合格者の発表、入学手続等の詳細については、3月4日を目処に大学ホームページで行う。

 また、北海道教育大学教育学部は3月12・13日に予定している一般入試(後期日程)について、個別学力検査を試験場で行うことは取りやめると発表している。中止に伴い、教員養成課程(札幌校、旭川校、釧路校)は大学入試センター試験の成績及び調査書の内容を総合して総合得点順に選抜する。国際地域学科(函館校)は大学入試センター試験の得点及び調査書の内容を総合して合格者を決定する。芸術・スポーツ文化学科
(岩見沢校)は、大学入試センター試験の成績及び調査書の内容を総合して判定し、個別学力検査等に代わ
る試験については確定後に大学ホームページ上で変更内容を案内する。

 北海道大学は、3月3日現在、大学ホームページで「現時点では当初のとおり実施します」と告知している。試験当日は感染予防のため、試験時間中を含めマスクの着用を推奨している。

参考:【北見工業大学】新型コロナウイルス感染症拡大に係る本学「個別学力検査(3/12)」中止のお知らせ
【北海道教育大学】北海道教育大学教育学部一般入試(後期日程)実施方法の変更について(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

北海道大学

歴史と伝統を継承しながら広く世界に優秀な人材を求め、人類の福祉、科学、文化及び社会の発展に寄与する

「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」、「実学の重視」を教育研究の理念として掲げ、全学教育・専門教育を通じて専門的知識の習得と主体的かつ総合的な人材形成を図り、全人的な教育を身につけ、国際性豊かな人材を育成します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。