「早稲田こどもフィールドサイエンス教室」を運営する株式会社早稲田大学アカデミックソリューションは、『早稲田こどもおうち!サイエンス教室-家庭でできる実験レシピ』(全29種類)を作成し、2020年3月13日から教室Webサイトで無料公開している。3月27日に新たに教材を追加した。

 早稲田こどもフィールドサイエンス教室は、早稲田大学の露木和男教授が総合監修を務める野外型の理科教室。都内の集合場所から関東近辺のフィールドに出かけ、さまざまなアクティビティを行っている。

 このたび、新型コロナウイルスの影響で長期間自宅で過ごす子どもや、その家族が自宅でも楽しめる体験を届けようと、場所を「おうち(家庭)」の中に移し、特別な材料や危険な道具をできるだけ使わず、簡単に実践できる実験レシピを29種類紹介する。

 実験レシピは「用意するもの」「実験の手順」「考えるヒント」で構成されており、年長児から小学5年生まで、対応する学年ごとに4つの推奨クラスを設けている。教材はホームページから無料ダウンロードして利用する。教材は完成したところから順次公開していく。

 早稲田こどもフィールドサイエンス教室は今回の無料公開にあたり、「たくさんのこどもたちに突然訪れたこの時間をつかって、おうちの中でも出会える、好奇心を揺さぶられる体験、ふしぎだな、おもしろいなと思う時間をつくるお手伝いができればと思います。サイエンスのふしぎに、じっくり向き合う・自分の目でたしかめる・発見して感動する、そういった機会にしていければ」とコメントしている。

 参考:【株式会社早稲田大学アカデミックソリューション】3/27追加【無料DL】家庭でできる実験レシピのご提供_新型コロナによる休校対応

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。