埼玉工業大学は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、全学部(2学部5学科)で、2020年5月14日からオンラインによる遠隔授業を開始。全学生2,443名を対象にして、初日からスムースに遠隔授業がスタートし、全体のカリキュラムの約9割となる381科目で同時双方型のリアルタイム配信の授業を実施した。

 埼玉工業大学は、同大学を運営する学校法人智香寺学園の松川聖業理事長の方針により、遠隔授業の実施に向けた環境整備を全学教職員が連携し、進めてきた。全学生がオンライン授業で円滑に学べるようにビデオ会議システム「Zoom」の操作ガイドを作成。学生全員に自宅のPCやネット環境がオンライン授業に対応できるかを確認した。教員へは遠隔授業の開講に向け、実践的なマニュアルを作成。全教員を対象にしたZoom講習会を開催し、授業の準備を支援した。また、コロナウイルス感染対策により学生の校内立ち入りは禁止のため、販売店と大学が連携し、各学生の自宅に、履修登録した科目の教科書を送付した。

 大学、教職員によるきめ細やかな準備により、オンライン授業初日を無事に迎え、特に、最初の授業となった全学生対象の一般共通科目「仏教精神I」では、約300名もの学生がオンラインで参加し、効果的な遠隔授業を実施することができた。

 埼玉工業大学では、新型コロナの感染防止と学生の安全と健康を守るため、2020年度前期授業は2020年8月7日まで、オンラインによる遠隔授業を実施する予定。Zoomを使用したリアルタイムの双方向による遠隔授業を中心に、オンデマンド方式をはじめ、いくつかのツールを組み合わせて教育効果を高めていく。また、遠隔授業の導入に合わせてカリキュラムを一部改編し、実験・実習・製図等の授業は夏季(2020年9月1日~9月30日)に集中講義として実施。今後も、新型コロナの感染拡大防止に考慮しながらも教育の質を担保し、新スタイルの教育に対応するため、全学教職員が協力し、遠隔授業を進めていく。

参考:【埼玉工業大学】埼玉工業大学、オンライン授業を全学で開始 ~全学生のネット環境の事前確認などの準備で、双方向・リアルタイムの遠隔授業をスムースに実施~(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

埼玉工業大学

文系理系の枠を超えた多彩な学びを提供。少人数制教育で丁寧な教育と恵まれた学習環境を実現。

埼玉工業大学は、「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念のもと、工学部と人間社会学部の 2 学部 5 学科において、多様化した現代社会で活躍できる人材の育成に努めています。進路や関心に合わせた専門分野の指導はもちろん、英語教育・情報処理教育にも力[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。