2020年4月8日、神奈川大学は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、大学構内への立ち入り禁止を発表した。期間は8月1日まで。

 前期の授業はすべてオンラインとする。授業期間の変更により、事前に案内していたガイダンスや授業のスケジュールが大幅に変更になる。大学の事務は当面の間休止とし、問い合わせはメールで受け付ける。

 同日、兼子良夫学長が大学ホームページにメッセージを掲載。新型コロナウイルス感染症について、学生自身の身の安全と、周囲の大切な人の命を守るため理性ある行動をとるよう呼びかけた。また、前期は安心してオンライン授業に取り組み、学生の本分を全うする努力を継続するよう伝えた。

参考:【神奈川大学】構内立入の禁止措置及びオンライン授業実施について

 

神奈川大学

創立100周年に向け、世界的な視点から教育・研究の新たな飛躍をめざす

1928年に創立した神奈川大学。建学精神「質実剛健・積極進取・中正堅実」のもと、真の実学を目指し、判断力と実践的能力、国際的感性とコミュニケーション能力を有し、専門的知識と技能を身につけた、自ら成長できる人材を育成しています。2021年4月横浜みなとみらいには[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。