鳥取大学と京都大学の共同研究により、インフルエンザウイルスやコロナウイルスのような「エンベロープ型ウイルス」を模倣した構造を合成分子のみから創ることに成功した。

 エンベロープ型ウイルスは、核酸とタンパク質からなる複合体を脂質二分子膜が覆った複雑な構造をとっている。このようなウイルス構造から核酸を除いた構造は、均一な大きさの空洞を有する「ナノカプセル」となることから注目されているが、その構築には宿主細胞にウイルスを感染・培養するなどのプロセスが必要とされ、化学的に創ることはできなかった。

 こうした中、本研究者らは、同グループが以前に構築に成功している「人工ウイルスキャプシド」(ウイルス由来タンパク質の集合体)を負電荷を有する状態に合成し、正電荷を有する脂質からなるリポソームで被覆することで、エンベロープ型ウイルスのような脂質修飾ペプチドナノカプセルを創ることに成功した。さらに、この脂質修飾ペプチドナノカプセルは、人工ウイルスキャプシドのみやリポソームのみの場合よりも、粒径が均一で安定性も高いことが確認された。エンベロープ型ウイルスを模倣した脂質被覆ペプチドナノカプセルを「合成分子のみ」から構築することに成功したのは世界で初めてとなる。

 本グループは今後、脂質修飾ペプチドナノカプセルに様々な膜タンパク質(例えば、インフルエンザウイルスのヘマグルチニン等)を搭載することで、「ウイルスレプリカ」を合成し、薬物送達材料・ウイルス感染研究のモデル材料・ウイルスに対するワクチン開発のための材料として応用を目指した研究を展開していくとしている。

論文情報:【Chemical Communications】Enveloped Artificial Viral Capsids Self-assembled from Anionic β-Annulus Peptide and Cationic Lipid Bilayer

この記事が気に入ったらおねがいします。

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。