富山県立大学の端昭彦講師は、金沢大学の本多了准教授らの研究グループと共同で、富山・石川県内の下水処理場を対象とした調査研究により、下水処理場流入下水からの新型コロナウイルスの遺伝子検出に成功した。国内での下水処理場を対象とした調査では、日本初の事例となる。

 下水中に新型コロナウイルスが存在することは多くの国で報告されている。このことから、下水の調査により新型コロナウイルスの流行状況の早期検知が可能となると期待されている。

 今回、2020年3月5日より石川県、富山県の4下水処理場で、週1度程度の頻度で流入下水試料を収集。報告では4月24日までに収集した計27試料を対象とした。調査開始時点で報告されていた新型コロナウイルス感染症の患者等発生確認数は、富山県で0例、石川県で4例だったが、4月の末には10万人あたり20例程度にまで増加。試料はポリエチレングリコールを用いた手法により100倍程度濃縮し、遺伝子抽出操作の後にPCR法(複数の手法を適用)による新型コロナウイルス検出に供した。

 この結果、27試料中7試料で陽性であった。いずれの試料も複数のPCR法で陽性結果が得られている。両県において、10万人あたりでの感染症の患者等発生確認数が10例を越えた時期以降で陽性率が増加する傾向が見られた。一方で、10万人あたり1例以下の時点でも散発的に陽性結果が得られている。

 報告した4処理場での調査は4月24日以降も継続しており、また、5月より新たに富山県内の1処理場での調査も開始した。今後はこれらの新しいデータも加え、査読付きの英文論文誌への論文投稿、データ公表を計画しているという。

論文情報:【medRxiv】Identification of SARS-CoV-2 in wastewater in Japan by multiple molecular assays-implication for wastewater-based epidemiology (WBE)

この記事が気に入ったらおねがいします。

金沢大学

伝統と革新の融合から新たな知の創造へ

「専門知識と課題探求能力、そして国際感覚と倫理感を有する人間性豊かな人材の育成」を教育目標に掲げています。科学的な世界観と歴史観、論理的展開力、己を磨く人間力、創造力、日本文化・異文化に対する深い理解力を備え、知的基盤社会の中核的リーダーとなって挑戦し続ける人[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。