2020年7月1日、英語外部試験の利用可能大学がスコア別に検索できる情報サイト「ヨンナビ」の2021年入試版が公開された。

 私立大学全体が志願者を減らしているなか、着実に増加しているのが「英語外部試験利用入試」だ。「英語外部試験利用入試」とは大学が指定した英語外部試験を事前に受験し、一定以上の級・レベル・スコアを獲得している受験生を対象とした選抜方式または判定基準を指す。2020年度は全私立大学の31.5%に当たる184校が実施しており、最も実施率が高い東京地区では47.8%となっている。
 
「英語外部試験利用入試」の対象となる英語外部試験は英検・GTEC・TEAP・ケンブリッジ英検など複数あり、大学によって対象となる試験の数も、スコアの反映のされ方も様々である。そのため受験生は、志望大学に必要な級・レベル・スコアを確認する、あるいは自分の級・レベル・スコアがどう評価されるのか、大学ごとに調べて出願を検討しなくてはならない。しかしこれまで、実施団体が異なる試験どうしをまとめて検索できるサイトがなく、受験生の負担が大きかった。

「ヨンナビ」は日本で唯一、試験実施団体の垣根を超え、英検、GTEC、TEAP、ケンブリッジ英検、TOEFL、IELTS※について、英語外部試験の利用可能大学(私立大学)を一括検索できるサイトとして2019年11月からスタートした。自分が保持しているスコアや目標とするスコアを入力すると、その実力で出願できる大学を見つけることができる。また、大学が基準点を低く設定している英語外部試験や、自分の級・レベル・スコアが有利となる英語外部試験についても、見つけやすくなっている。

 新型コロナウイルスの影響により、休校、模試の中止、試験日程の変更など例年以上に受験生は過酷な状況に置かれている。「ヨンナビ」は情報収集の負担を軽減し、選択肢をより広げるツールとして受験生を応援する。

※CEFRの対照表にないTOEICを除く

参考:ヨンナビ – 2021年度 英語外部試験<スコア別>利用可能大学検索

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。