神戸大学大学院医学研究科の黒田良祐教授とウシオ電機の研究グループは、222ナノメートル紫外線を人体に照射し、皮膚への影響を出さずに殺菌効果を出す実験に成功した。

 神戸大学によると、研究グループはウシオ電機が開発した紫外線照射装置を用い、20人の健常者ボランティアの背中に1平方センチ当たり50、100、200、300、400、500ミリジュールの222ナノメートル紫外線を照射した。その結果、20人とも皮膚の日焼け反応である紅斑が確認されず、皮膚に影響が出ていないことが分かった。

 さらに、同じ背中に1平方センチ当たり500ミリジュールの222ナノメートル紫外線を当て、照射前と5分後、30分後の皮膚常在菌数を調べたところ、40ミリ四方で照射前の7.21個が5分後に0.05個、30分後に0.79個となり、殺菌効果を上げていることも明らかになった。

 薬剤に耐性を持つ菌にはこれまで、主に254ナノメートル紫外線が使用されているが、人体に直接照射すると、1平方センチ当たり10ミリジュールで紅斑が現れるため、直接照射が難しいとされていた。222ナノメートル紫外線だと、1平方センチ当たり500ミリジュールという高い照射量でも紅斑が現れないことから、研究グループは直接照射に有効とみている。

 ウシオ電機は今回実験に使用した照射装置をベースに開発中のユニットタイプを9月にも国内で発売する。秋からは国内外の照明器具メーカーや衛生設備メーカーなどに、光源モジュールの提供を開始する予定。今後も紫外線活用の研究を進め、将来的には外科手術中の術野消毒や殺菌を目的とした医療機器の開発を目指すという。

論文情報:【PLOS ONE】Exploratory clinical trial on the safety and bactericidal effect of 222-nm ultraviolet C irradiation in healthy humans

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩出[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。