2020年10月1日より、人間総合科学大学は社会人向けオンライン講座「ウェルネススクール」を開校する。本講座では「履修証明プログラム制度」および、日本で数少ない大学での「デジタル履修証明(オープンバッジ)交付システム」を適用しており、キャリア形成に役立てることができる。

 ウェルネススクールは、社会をよりよく生きる知恵として、ストレス対策や対人スキルなどの学びを通じ、新しい「生き方」「働き方」「キャリア」への活かし方を学ぶ双方向型のオンライン講座。第1弾として2020年10月に『こころとからだを元気にするストレス科学』『はじめてのAIデータサイエンス入門』『やさしいコミュニケーション入門』『おいしいヘルスフード&クッキング入門』の4講座を開講する。

 また、ウェルネススクールは「人生100年時代を見据えたリカレント教育(学び直し)への関心の高まりを受け、受講生のキャリア形成に寄与する2つの制度を導入する予定だ。

 一つは「履修証明プログラム制度」で、大学が社会人等の学生以外の者を対象とした学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して法に基づく履修証明書を交付する制度。修了すると履歴書やジョブ・カードに記入することができる。

 さらに、日本ではまだ数少ない「デジタル履修証明(オープンバッジ)」の交付も行う予定。オープンバッジは、世界的な技術標準規格にそって発行されるデジタル証明/認証で、取得者は電子履歴書や職務経歴書の資格欄に記載したり、電子メールの署名や電子名刺に記載できる。また内容証明を行うことができ、デジタル上で自身の功績、成績、あるいは資格を掲示することが可能。信頼のおける学習・資格証明書として研修教育分野に新たな価値をもたらす存在として世界中で注目を集めている。

 10月開講の各講座とも合計60時間を予定し、受講料は1講座50,000円~80,000円(登録使用料13,000円・予価)。ウェルネススクール公式HPから申し込む。第2弾は2021年4月に開講する予定。

参考:人間総合科学大学のオンライン講座「ウェルネススクール」

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。