新型コロナウイルスの感染が拡大し、課外活動も自粛を余儀なくされた2020年上旬、群馬大学の映画サークルが全国の大学生に呼びかけて映像づくりに取り組んだ。三つの密を避け、1分以内という条件で制作された180もの作品群は、オムニバス長編映画『突然失礼致します!』として現在YouTubeで公開されている。

 『突然失礼致します!』は全国約100大学の120団体から180人が監督として参加。実写映像からCGを活用したもの、アニメーションやメディアアートに至るまで、監督ごとに様々な表現技法を駆使した特色ある映像が勢揃いし、学生監督たちの技術と個性が光る作品群となっている。

 作品は9月1日から10月31日まで未公開映像を含む完全版YouTubeで公開しており、ウェブ上で作品人気投票を同時開催中。投票結果上位の作品は2021年以降劇場公開の上映作品として選出される。
公開劇場の増館に向け、9月29日までクラウドファンディングサイトCAMPFIREで支援も募っている。

参考:突然失礼致します!
【CAMPFIRE】全国約120の大学が参加するオムニバス長編映画『突然失礼致します!』プロジェクト

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。